« 冬から春用の野菜が全滅です | トップページ | チッペワが良い色です »

安曇野の名産

安曇野は水郷の町とも言われています。
特に爺の実家が有る明科地域は

三川が合流する場所でも有ります。

奈良井川(梓川)、穂高川そして高瀬川。それぞれが合わさって犀川になります。
奈良井川の源流は美ヶ原高原。梓川は皆さんご存知の上高地。穂高川は常念や有明山、高瀬川は高瀬渓谷。北アルプスの真ん中ですね。

それから下って長野で千曲川と一緒になり信濃川となり日本海に流れ込んでいます。

地下水脈も豊富で山葵や果樹、稲作以外に虹鱒や岩魚、シナノサーモン等の養殖も盛んです。地下水を使っているため魚の味が良いのです。

川魚特有の臭みが無いんです。

こんな惣菜がImg_0137

これは『虹鱒の甘露煮』です。
爺はこのお店のしか食べません。頭から尻尾まで残す所がありません。
製造に一工夫して有るんです、このお店の甘露煮は。

« 冬から春用の野菜が全滅です | トップページ | チッペワが良い色です »

爺の食卓」カテゴリの記事

コメント

私は信濃サーモンが食べたいですね~
どんぶりでね
甘露煮も美味しそうです

虹鱒の甘露煮、臭みがないというのはいいですね。
以前頂いた岩魚も大変美味しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安曇野の名産:

« 冬から春用の野菜が全滅です | トップページ | チッペワが良い色です »

爺のお気に入り

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ