漬物

試し出し

沢庵漬け(硬大根と爺のほうでは言います)を出してみました。

未だ早いと思います。2月上旬がよいのかと。

 

でも爺は待ちきれません・・・。

この色の差は・・・並んでいた2本です。
糠の色が移っていません。
多分漬けたときの大根の水分の差でしょうね。
干した時間と天気や日当たりで。
 
去年より『ショッパク』有りません。
 
中々だと。
 
 
『ズク』出して漬けた甲斐がありました。
 
 
 

 

先ほど発送しました

明日届くと思います。

北海道と広島はもしかしたら月曜。

 

今回は

『野沢菜漬け』×4束・・・大きさはまちまちです。味は爺の味

『サンフジ』×3個・・・色や形は適当。味は良いと

宝家北原製麺の『2・8蕎麦』×家族分+α・・・先日茹で方アップしました。1人前ずつ茹でると良いです。

『岩魚の甘露煮(焼いてから煮てあります)』・・・甘くて柔らかくて、頭から尻尾まで残す所がありません。

『山葵の粕漬け』×1P・・・間違えてもいきなり沢山口に入れないように。効きますよ。

『野沢菜の溜まり漬け(味噌風味)』×2束

 

味見をして有りませんでした。早速切って

初出しです。
 
送った後で味見です。
 
中々良い味だと。
 
 
妻も下の子も
 
『野沢菜漬け』よりズーーート美味しいと。
 
当たり前ですよね
塩だけで漬けたものより市販の調味入り漬け汁の方が美味いのは。
 
お金(混ぜてある成分)が違います。
 
 
後は
 
タッパーが空いていたので、
爺特製の『梅干風ポッタリ梅』の3年物。
材料は爺の畑で取れた
 
南高梅
赤紫蘇
瀬戸の荒塩
だけです
 
食べたら梅干し婆さんの口になりますよ
えー
happy02
ショッパーイ
 
weep
汗が
coldsweats02
 
 
山葵漬けも同じかな
こんな感じだと
 
 
 
 
 
 
 

 

野沢菜漬け、良い感じです。

良い色になってきました。
未だ少し辛味が有りますが野沢菜本来の味です。

ほんの少し味の素を掛けて山葵の粕漬けを乗せて
ほんの少し紫を掛けて食べます。
 
じじは最高だと。
あと七味唐辛子も良いです。

高菜漬けと白菜キムチ

先ず高菜漬け。

昨日干しました。

 

こんな感じで塩を4パーセント。間に振りながら積みました。


漬け汁は

醤油・みりん・砂糖・焼酎
一煮立ちさせて冷ませておきます。
 
これを

掛けて

軽く押しておきます。
 
これは簡易漬物用の桶です。
バネの力で上から押さえてます。
 
キムチは先日塩漬けしておいた白菜の水を軽く絞って
2週間位で漬かるのではと

約4キロです。
漬けものの素は・・・
 
某漬物屋さん特製で。
色々な具が入っています。
具と手間を考えたら安いかなと。
 
白菜の塩漬け余ったので
簡易漬けで

明後日には食べれると。

 

明後日には食べれると。
 
これで一通り冬の保存食は終わりました。
お付き合い有難う御座いました。
 
来週からは
荒れた『田んぼ』の復活。
山の整備
竹やぶの整理
果樹の剪定
 
まだまだ仕事は続きます。

高菜漬け

さて、どうやって漬ければよいか

 

糠漬け

醤油漬け

塩漬け

 

検索してみますと上記の3種が主流みたいです。

 

皆さんはどれがお好みでしょうか?。

 

迷います


少し小さいですがそろそろと。
 
野沢菜漬け2回目の試食です。

色は美味しそうで綺麗になってきました。
未だ塩味が・・・
 
暖冬予想で塩を少し使いすぎ・・・?
 
 
醗酵がもう少しかと。
来週末には食べごろかと。
 
皆さんのお手元には天皇誕生日位かと。
 
詰め合わせセットで
 
野沢菜の塩漬け
野沢菜の溜まり漬け
 
生蕎麦
 
これは入れます。
 
後は
 
サンフジ
 
山葵の粕漬け
山葵の味噌漬け
 
岩魚の甘露煮
虹鱒の甘露煮
 
後は
 
溜まり漬けの素(これは逸品です)
 
肉でも魚でも。漬けても付けても美味しく食べれます。
 
 
エエイ!
 
欲しいものを書いてください。
 
忘れてました。
 
何人家族かも・・・。
 
明日は『白菜キムチ』本漬けです。
 
 
 

先日漬けた白菜

箸が止まりません。

下の子が

ペロりです。
 
野沢菜の溜まり漬け(味噌風味)です。

これもいけます。
これも欲しい方いらっしゃったら漬けます。
 
自分でと思う方には材料を定価で・・・。

 

先週漬けた野沢菜

試しに一株出してみました。

 

柔らくてでも歯ごたえもあります

未だ塩が馴染んでいませんが
美味しいです。
 
キムチ用に白菜をこいで(方言で抜いてという意味です)
割って、干しました。

先日漬けた野沢菜

翌日の朝には

『水が上がっていました。』

これが野沢菜漬には(他も一緒ですね)大事です。

先ず第一歩が成功です。

桶の淵からあふれていた野沢菜がのが25センチくらい沈みました。
これで塩分や味が全体に行き渡ります。
で、重石を軽くしました。

これで上がった水からお菜が空気に触れないようにします。
後一週間位でしょうか。明日少し粗目を足します。
 
ついでに
昨日
野沢菜の『溜まり漬け』と
先日干した『白菜漬け』
 
漬けました

これは自宅玄関です。
 
先ほど確認したら白菜は良い感じですが
 
溜まり漬けが少し
 
週末に対策を考えます。

爺のお気に入り

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー

無料ブログはココログ